賃貸アパートやマンションでの水のトラブル対処方法

賃貸アパートやマンションでの水のトラブル対処方法 普段生活をしていて、水のトラブルが発生する機会というのはそれほどありません、しかしある程度の築年数が経っている建物では、徐々に水回りのトラブルが発生する確率が高くなります。特にアパートやマンションなど賃貸住宅で水漏れが発生した場合は、どのような対処をすれば良いのでしょうか。
新築のマンションやアパートならばそれほど気にすることはないでしょうが、築年数が長い建物の場合は日頃から水漏れに対する対策をしておくことが必要です。特に最近では水のトラブルによって発生した損害賠償の問題が多くなってきています。しっかりと対策をとっておくことでこのような水のトラブルを自然と抑えることができるようになりますし、いざというときに慌てずに対処することができます。

■こんなにある水のトラブルと自分でできる対処方法

水まわりのトラブルと一口に言ってもいろいろな種類があります。洗濯機の排水部分からの漏れは長い年月同じ洗濯機を使っていることによって起きます。洗濯機は構造上振動が発生するので、どうしても給水や排水部分に緩みができてしまうものです。洗濯機は使う水の量も多いので、給水や排水部分にトラブルがあると下の階の住民にも影響を及ぼす可能性があります。そのためしっかりとした対応をすることが必要です。
蛇口からの水漏れは水のトラブルの一般的なものです。最近ではホームセンターなどでもパッキンなどが販売されているので、比較的簡単に水道 修理をすることができます。しかし専門の工具がない場合は無理をせずに専門の業者に任せた方が確実です。
水のトラブルが比較的発生しやすいのはトイレです。トイレは1日の使用回数が多い箇所なので、長い年月使い続けているとゴムパッキンの劣化によって漏水が発生します。タンクの水量を一定に保つボールタップバルブも徐々に劣化してバルブが開いた状態になってしまいます。トイレの場合はある程度の知識がなければ自分自身では対処することが難しいです。

■賃貸住宅で水のトラブルが発生した時には素早い対処方法が必要
水のトラブルで最もポピュラーなものが水道からの水漏れです。水漏れが発生したときにするべきことはそれ以上水が落ちるのを防ぐことです。そのための方法としてそれぞれの部屋に止水栓のバルブがつけられています。
マンションやアパートなどの賃貸住宅には各部屋に対応した器具への給水だけを止める器具止水栓と、家に送られる水をすべて止めてしまう止水栓があります。お風呂場やトイレ、キッチン、バスルームなどのそれぞれの場所には器具止水栓がついていますので、まずはその場所を閉じてあげましょう。水漏れが起こっている場所の止水栓を回すことでその部分に水が入ってこないため、とりあえず水漏れを防ぐことができます。築年数が古い集合住宅などの場合は止水栓が一箇所のボックスに収まっていることがあるので、自分の部屋番号の止水栓を閉じましょう。

■自力でトラブルに対処できない場合は専門の業者に依頼をするのが確実

水のトラブルと言っても様々ですが、状況によって対処できる範囲は変わってきます。専門的な知識や部品、工具が必要な場合は、水道業者に依頼をした方が確実にトラブルを解決することができます。賃貸住宅などの場合は管理会社と提携していますので、トラブルが発生したら必ず管理会社に連絡するようにしましょう。
もしも管理会社が休みの場合は、できるだけの対策をして管理会社が営業している時に対処してもらうといった方法もあります。必ず避けなければならないのが自分で状況を悪化させてしまうことです。パッキン交換でも交換の知識や道具がないと水漏れが直らないどころか余計に水の出が激しくなってしまうことがあります。
水のトラブルが起こった場合はすぐに管理会社に連絡するようにしましょう。

■まとめ
賃貸住宅やアパートマンションに住んでいる場合はほとんど管理会社が管理しています。区分マンションに住んでいて水漏れによって起こった被害の賠償は水漏れが起こった場所によって変わってきます。共用部分での水漏れならばマンションの管理組合で責任を持ってもらえます。
部屋の中の器具が破損したことによって水漏れが発生し下の階に損害が及んだ場合は個人が賠償しなければなりません。水の被害は意外と高額になりやすいので、ある程度古いマンションなどを借りている場合は火災保険の水漏れ特約に入っておくのも一つの対策です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース