水のトラブルが起きたら下の階への賠償は誰がするのか

賃貸マンションやアパートに住んでいると、あまり水のトラブルは関係ないように考えがちですが、築年数が長い物件の場合はこれからトラブルが発生する確率が高くなります。水漏れなどのトラブルが発生してしまった場合の対処方法や対策はどのようなものがあるのでしょうか。

■賃貸アパートやマンションの水のトラブルは水漏れの原因によって違う

賃貸しているアパートやマンションで水漏れが起きた場合、誰が下の住人の損害を補償するのでしょうか。新築の物件ならばそれほど気になりませんが、築年数が長い物件の場合は使用している器具や設備も老朽化している可能性があります。
基本的に老朽化によって器具や設備などが原因で水漏れをしている場合は、オーナーや管理会社が支払う必要があります。一方、借主の過失によって水漏れが起きた場合は借主が支払うことになります。ある程度築年数が古い物件の場合は対処方法として水漏れ専門の業者にあらかじめ検査をしてもらうこと、もしも直さなければいけない場所や破損する可能性があるような場合は家主や管理会社に報告しておくことで対処してもらえる可能性が高くなります。

水のトラブルで水漏れが発生した場合の対処方法

接合部分からの水漏れの場合、ナットの緩みはパッキンの劣化が考えられます。ナットの緩みなどの場合はレンチを使って締めてあげるだけで対処をすることができます。パッキンの交換は簡単なように見えてやり方を間違えると被害を大きくしてしまう可能性があるので注意が必要です。
自分では水漏れの対処ができないと判断したならば、被害を最小限に食い止めるための方法を考えましょう。水漏れが少しの場合はタオルなどを巻きつけて下にバケツを置くようにすることで、水漏れによって起きる床下への被害を抑えることができます。

■まとめ
水のトラブルが発生したときには、必ず優先順位をつけましょう。最初にすることは管理会社や大家に連絡をすることです。もしも管理会社や大家に連絡がつかない場合は、被害を最小限に食い止めるための対策をすることが必要です。ある程度古い物件に住んでいるのならば火災保険の水漏れ特約などに入っておくのも一つの対策です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ