水のトラブルは火災保険で補償されるのか

水のトラブルで注意したいのが他の住人にも被害が及んでしまった場合です。この場合はどのような対象方法があるのでしょうか。また、このようなことがおきないためにできることには、どのような対処方法があるのでしょうか。

■水のトラブルが原因で起きた被害の損害賠償を行うとき、保険はどのようなものがあるのか

水漏れや水があふれたことによる損害賠償を補償するのは火災保険の水漏れ特約です。特約で気をつけたいのは保険がカバーできる範囲です。主に被害を被った住人に対して補償されるのが水漏れ特約です。このような理由から水道の補修費用などは保険で補うことはできません。
水漏れ特約といっても保険会社によって決まっている範囲や原因が違っているため、注意をする必要があります。例えばトイレ 水漏れは対象としているところもあれば、認めていないところもあります。賃貸の場合は建物を管理する会社がこれらの保険に加入している場合がありますので、被害が出た場合は管理会社が対応してくれることもあります。

■水のトラブルが起きる前にしっかりと水回りの点検をすること

居住している物件の築年数によってトラブルは起こりやすくなります。これらに対処するために必要なのが普段からの点検です。
普段から水回りの点検をして、修理が必要な個所を見つけ出してもらったり、修理が必要な個所があった場合はその都度修理をする事でトラブルの発生を抑えることができます。
普段から水道修理業者との接点を持っておくことで、いざというときに安心してその業者に依頼をする事もできます。

■まとめ
基本的に水が原因で起きた損害は、発生した場所によって責任が違ってきます。借主に責任が及ばないように普段から水回りの点検を行い、もしもの時のために火災保険の加入も検討しておくことが必要です。特に築年数の長い物件に住んでいる場合はあらかじめこのような対策をしておくことが求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ